簿記2級講座第4回「債権・債務」

簿記2級講座第4回「債権・債務」

皆さんこんにちは!簿記2級の勉強は進んでいますか?

始めは3級の復習レベルだったのに、だんだん覚えることが増えて、

「新出用語が多すぎて、どこから手を付けていいのかわからない・・・。」

「用語は覚えたけど、処理方法なんだっけ・・・。」

なんて、頭が混乱している頃かと思います。

かくいう私がそうです。わからないままだと不安なので、

①講義前の予習 深く理解しなくていいから、大枠をとらえておく。
②講義 大枠に肉付けするように理解を深める。
③講義後の復習 問題集を解いて、間違えばテキストを再確認。

各科目ごとに3周して、何とか記憶に定着させようともがいてます。

それでも不安なので、さらなる復習もかねて、科目ごとの大枠、仕訳や処理方法、講義に出ていた出題傾向などをざっくりこの記事にまとめてみました。

軽く読んでいただければ、

「うわっ!なにこれ!!」

と、混乱する前に、

「今日はあれとそれとこれをやるんだな。」

と、ぼんやり準備ができた状態で、参考書や講義に向かうことができますので、ぜひご覧になってください。

簿記2級講座第4回

3/12 19:00~21:45

テキストテーマ04「債権・債務」

クレジット売掛金→手形取引→その他債権処理→債務の保証

~内容~

クレジット売掛金

・クレジット売掛金

クレジットカードでの商品取引は「クレジット売掛金」の勘定を使用する。売上からクレジット決済の支払手数料を控除した分がクレジット売掛金となる。

・なぜ手数料がかかる?

売掛金回収のリスク回避と、カードを使用できるという宣伝効果などから。

・手数料の仕訳タイミング

①商品販売時

②クレジット会社からの売掛金入金時

手形取引

・約束手形の振出、受取:手形による債権を受取手形(資産)、債務を支払手形(負債)

手形の裏書:手形を譲渡すること。

☆自己振出の約束手形回収は意味合いを覚えておく必要あるが、出題頻度低い。

☆3つの商店が絡んだ手形取引の問題が頻出する。決済時手形がどこにあるかしっかり確認。

・手形の割引:手形を銀行に買い取ってもらう(換金する)。手形金額と入金額の差は手形売却損(費用)として処理する。

☆手形の裏書、割引の問題で商店の名前が複数出てきて混乱するため、問題文最後に記載のある、何をしたか(裏書した、割り引いたなど)に注目する。

・手形の不渡り:手形の支払期日に取り立てを拒絶された状態。すぐに回収不能とはならないが、正常な手形債権と区別するため、受取手形を不渡手形(資産)に振り替える。債権取り立てを拒絶された証明である拒絶証書の代金含め償還請求を行う。回収不能が確実になった場合、貸倒の処理をする。(不渡手形ー貸倒引当金=貸倒損失)

手形の更改:手形を書き換えて支払期日を延長すること。利息を含むor含まない仕訳。

営業外受取手形(支払手形):商品以外の物品の売買に手形を使用した場合、この勘定で処理する。

手形貸付金(借入金):3級の復習。手形を使ってお金を貸借。3級までは手形貸付金(借入金)という勘定だったが、「手形」とついているのは3級まで。今後は「貸付金」「借入金」とすること。

電子記録債権(債務)

・債権(債務)の発生、譲渡、消滅について電子記録(電子債権記録機関が作成する記録原簿)で行うものである。約束手形と比較して、紛失、盗難のリスクがないこと、債権の分割が可能なこと、印紙税が回避できることが利点としてあげられる。

・売却の際は、売却損を「電子記録債権売却損」の勘定で処理する。

・商品以外の売買は「営業外電子記録債権(債務)」の勘定で処理する。

手形取引の早わかり表

 通常の債権・債務手形債権・債務電子記録債権・債務
商品代金売掛金・買掛金受取手形・支払手形電子記録債権・電子記録債務
商品以外の代金未収入金・未払金営業外受取手形・営業外支払手形営業外電子記録債権・営業外電子記録債務
お金の貸し借り貸付金・借入金貸付金・借入金貸付金・借入金

その他の債権の譲渡

・売掛金の換金:債権の売却により発生した損失には「債権(売掛金)売却損」という勘定を使用する。

・買掛金を売掛金で相殺

債務の保証

・債務の保証をしたとき、備忘記録(仕訳の体ではあるがメモの意味合い)を行う。

⇒〈借方〉保証債務見返 /〈貸方〉保証債務

・債務者に代わって返済したときは、備忘記録の取り消しと、支払の仕訳を行う。

⇒〈借方〉立替金(未収入金、貸付金、不渡手形)、保証債務 /〈貸方〉現金、保証債務見返

第4回雑感

授業冒頭のミニテストもクリアでき、授業中の基本問題も間違えることはないが、そろそろ自分の職務とリンクさせて考えることが必要と感じた今回の講義。職場の経理の人と少しずつ経理のことについてお話してみよう。

300円でとめられる激安駐車場が本日は満車。周りの駐車場にとめたら1,200円もかかった。駅前の駐車場は高い。

簿記カテゴリの最新記事