簿記2級講座第1回「簿記一巡の手続き、財務諸表」

簿記2級講座第1回「簿記一巡の手続き、財務諸表」

3/2 19:00~21:45

オリエンテーリング→テキスト00→テキスト01

~内容~

オリエンテーリング

電卓をたたくクセをつける

テキストの例題をもう一度解き、問題集の問題も解く

ミニテスト(前回講義の復習テスト)で満点を取る

試験実施方式が今年度から変わる

実施時間 120分→90分

第1問 仕訳×5

第2問 個別論点(商品売買、固定資産、純資産など)⇒個別論点+連結会計など

第3問 決算問題(P/L作成、B/S作成、連結会計など)⇒決算問題(~本支店会計など)

第4問 工業簿記(主に仕訳、勘定記入など)⇒(1)仕訳問題(2)工業簿記全般

第5問 工業簿記(主に計算問題)⇒主に標準原価計算、直接原価計算など

配点 第1~3問(商業簿記) 60点

   第4~5問(工業簿記) 40点

・従来の統一試験は例年通り6,11,2月に行われるが、昨年12月より実施されているネット試験は随時行われている。統一試験は難易度に波があり、ネット試験は波がない傾向。

テキストテーマ00「簿記一巡の手続き」

簿記3級の復習。期首・期中・期末の会計手続きのおさらいを問題を解きながらおこなう。

自分は3級勉強時に締切処理への理解が足りないと自覚しており、2級へのステップアップの障害になるのではないかと心配していたが、今回の講義で順を追って説明していただいたおかげで、2級にスムーズに入っていけそうな気になった。

キーワード

<内部資料>

試算表=T/B(トライアル・バランス(前、後、繰越))

精算表=W/S(ワークシート)

<外部資料>

財務諸表=F/Sファイナンシャル・ステートメント

損益計算書=P/Lプロフィット・アンド・ロス・ステートメント

貸借対照表=B/Sバランス・シート

<決算振替仕訳>

連結会計の問題で出題頻度高い(損益振替&純資産振替)

損益勘定(収益・費用の締め切り)

次期繰越(資産・負債・純資産の締め切り)

テキストテーマ01「財務諸表」

損益計算書と貸借対照表の様式と区分表示について学習する。

3級と比べると区分表示がより細かく、様式もそれぞれ変わってくるので注意が必要。経常利益、営業利益などといったニュースでもよく出る経済用語が出てくるため、

講師曰く、このテーマの理解があやふやだと今後に響くとのことなので、都度振り返って理解を深める。

キーワード

損益計算書(報告式)↔(勘定式)

売上高-売上原価=売上総利益(粗利)

売上総利益(粗利)-販売費及び一般管理費=営業利益

営業利益-(営業外収益ー営業外費用)=経常利益

経常利益-(特別利益-特別損失)=税引前当期純利益

税引前当期純利益-法人税、住民税及び事業税=当期純利益

貸借対照表(勘定式)

資産・負債(流動or固定)

正常営業循環基準

一年基準

第1回雑感

仕事の後では、講義中寝てしまうのではないか、集中できないのではないか、というのが1番の不安だった。そこで、講義開始1時間ほど前に教室に着いて、15分ほど机に突っ伏して仮眠をとったところ集中力が持続した。途中あくびが出るしお腹は空いたが、影響なし。

今後の講義内容を見ると、情報量が多く予習復習なしでは乗り切れないため、中2日空いた時間を利用して、1日を復習にもう1日を予習の時間に充てる。

せっかく名古屋駅前に来ているのに、県の緊急事態宣言の影響で21時に飲食店が閉店してしまい、講義後に店に寄れないのはとても残念だ。

簿記カテゴリの最新記事